脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

疾患の概要

 脊柱は頚椎、胸椎、腰椎、仙椎からできている一本の柱です。これら椎骨が構成する骨のトンネルの中を脊髄が走行しています。脊髄は骨のトンネルによって守られているのです。
 ところがそのトンネルがさまざまな事情で狭くなり脊髄や神経根を圧迫するようになったのが「脊柱管狭窄症」です。

 圧迫のされ方によって三つのタイプに分類されます。

  • 神経根型
    脊髄から分岐する一本一本の神経根が圧迫されるタイプ。
  • 馬尾型
    狭窄のために脊髄本体が圧迫されるタイプ
  • 混合型
    脊髄と神経根の両方が圧迫されるタイプ

腰部脊柱管狭窄症の症状

  • 各タイプに共通の症状
    間欠跛行(かんけつはこう)」があげられます。しばらく歩きつづけると、だんだん下肢が痺れたり重くなったり、痛みが出たりして、歩くのが困難になるのです。しかし腰掛けたりしゃがんだりしてしばらく休むとまた歩けるようになります。
     これを間欠跛行といい脊柱管狭窄症の重要な症状の一つとされています。
    歩ける時間はさまざまです。1km以上歩ける方もあれば、室内の移動にさえ困難を覚える方もあります。(「閉塞性動脈硬化症」でも間欠跛行をきたしますので鑑別診断が重要です)
     また患者さんは直立するのが苦手で前屈を好みます。
    たとえ歩かなくとも直立するだけで下肢痛がでることもあります。ところが杖をついたりシルバーカーを押すなど前屈位をとると痛みが軽減します。
  • 神経根型に特有の症状
    左右どちらかの神経根が圧迫された時は、圧迫された側に、腰から足にかけての痺れ・痛みの症状が出ます。
  • 馬尾型に特有の症状
    馬尾というのは下位脊髄のことで、これが圧迫されると下肢の痛み、痺れ、脱力感、麻痺をきたしたり、ムズムズした感じやチリチリした感じなど知覚異常を覚えることがあります。また思うように排尿排便がコントロールできなくなることもあります。
  • 混合型
    「神経根型」と「馬尾型」の両方の症状が混在します。

診断

 問診と単純X線撮影からある程度診断がつきます。確定診断のためにCT、MRIが必要になることもあります。ミエログラフィー、CTミエロをすることもあります。

治療

 保存療法として消炎鎮痛剤や血行改善剤:プロスタグランジン(商品名オパルモン)などの薬物治療、温熱、低周波などの物療や運動療法があります。

 腰部脊柱管狭窄症は薬物治療や運動療法にはなかなか反応しません。だからといって簡単に手術を選択するわけにもいきません。

 そこで必要になってくるのがペインクリニックにおけるブロック療法です。

 狭窄症のブロック療法には「腰部硬膜外ブロック」がもっとも頻用されています。狭窄部位周辺の血流改善によって神経への圧迫を軽減することを目的としています。下記のように手術が必須の場合以外は、一度「硬膜外ブロック」による治療をしてみると良いでしょう。
その他「神経根ブロック」が有効な場合もあります。

 手術療法は上記のような保存的治療で効果が不十分な時の選択肢の一つです。
しかし次のような場合は精査の上、速やかに手術を行ったほうが良いでしょう。

  • 間欠跛行の程度が強い場合
  • 下肢の麻痺症状が現れた場合
  • 排尿排便障害が強い場合

日常生活のヒント

 腰部脊柱管狭窄症はなかなか困難な病気です。
どちらかというと高齢者の方が多いので簡単に手術をおすすめするわけにもいきません。
そこで完治ではないが略治(ある程度症状がましになる)でがまんして、生活上の工夫で乗り切るという妥協が必要になることもあります。
その際の工夫のいくつかをお話します。

  • 腰を反らせる姿勢は良くありません。
  • 歩行時は杖をついたり、手押し車や自転車を利用しましょう。
  • 寝る時もなるべく側臥位でやすみましょう。
  • 台所などで長く立つ時は、足下に30cmほどの高さの箱を置いて片足をのせると、症状が緩和されることがあります。

 保存的治療をいろいろしてみたが改善しない、だからといって手術はちょっと、、、という方には腰部硬膜外ブロックをお勧めします。

 当院にご相談下さい。